自分でシロアリ駆除を行なうには~ホウ酸などの駆除グッズを紹介~

羽アリが大量に発生しても慌てないこと

羽アリが大量発生した場合は慌てて殺虫剤を撒くのではなく、冷静になって適切に対処する必要があります。ここでは、羽アリが発生した際の対処法を紹介します。

羽アリ発生時の対処法

ゴミ袋をかぶせる

羽アリが出入りしている箇所にゴミ袋をかぶせます。羽アリが袋の中に飛び込むようにするために、出入りしている箇所はふさがないようにしましょう。

袋を固定する

ゴミ袋をかぶせることができたら、ガムテープなどで袋を固定してください。ガムテープを貼りつける際は、ゴミ袋に隙間ができないようにしましょう。

そのままで数日放置する

しばらくそのままで放置します。外だと勘違いして袋に入った羽アリは、しばらく放っておくと死んでしまいます。後日羽アリの発生が止んでることを確認した上で、袋ごと捨ててしまいましょう。周囲に羽アリの死骸が散乱している場合は、掃除機などを使って掃除してください。

羽アリを対処する際は、むやみに殺虫剤を使用してはいけません。殺虫剤を撒いてしまうと、広範囲から羽アリが飛び出してしまう恐れがあるのです。また、袋をむやみ刺激するのも逆効果ですので注意しましょう。

自分で駆除するなら市販の駆除剤について知ろう

害虫撃退スプレー

シロアリ駆除の薬剤は、ホームセンターなどでも購入することが可能です。商品も数多く発売されているので、用途に適した駆除剤を選択すると良いでしょう。ここでは、市販の駆除剤の種類を紹介します。

簡単に購入できる市販の駆除剤

ベイト剤タイプ
ホウ酸を使用したベイト剤タイプの駆除剤は、ペットがいるご家庭でも安心して使用することができます。即効性こそは無いものの、巣ごと駆除できる効果の高さが期待できます。ベイト剤タイプの駆除剤は、シロアリに食べさせることで効果が発揮されるため、設置する場所に工夫を凝らす必要があります。
エアゾールタイプ
とても簡単に使用できることから、人気が高い駆除剤がエアゾールタイプです。シロアリ駆除用の商品は細長いノズルがついているので、手が届かないような隙間でも駆除が行なえます。しかし、内容量が少量なので広範囲の駆除には適しておりません。
粒剤タイプ
粒剤タイプの商品は駆除ではなく、予防策として使用されます。他の商品と比べて臭いが少ないため、気軽に使用することができる商品です。
TOPボタン